RSS
 

通販で物が届いたとき

08 3月

通販で頼んでいたものが届いたとき、とてもワクワクします。自分でいいと思って頼んだものでもまだ実物を見ていないので早く見て確認したいというのもあります。
焦って開けようとしてもすごく頑丈に止められていてなかなか開けられない時があります。何重にもガムテープが貼られていたり、商品の袋がなかなか開かなかったりするとだんだんイライラしてきてやっと開けられた時にはワクワクどころかイライラで頭がいっぱいになる時もあります。
せっかくいい商品でも台無しですよね。必要以上に頑丈に止めているのは企業側としては念には念を押してという配慮だと思いますがあまりにも開けにくいと客側としては不親切ととってしまいます。
商品は良いけど会社はダメだなという受け止め方をしてしまうかもしれません。
届けるダンボールから商品だという風に思うとダンボールにも気を使えると思います。今はガッチリととりづらい金属のホチキスのようなものでとめるダンボールも減ってきていますし、しっかりと封はできてなるべく開けやすいダンボールも出てきています。
多少、高かったとしても企業のイメージアップにつながれば元は取れるのではないでしょうか?
目先の利益を考えずに将来のことを考えると梱包の仕方にも差が出ると思います。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

Comments are closed.