RSS
 

梱包のやりすぎに注意

16 5月

送るものによって梱包の仕方は変わりますよね。
中のものを届ける前に梱包のやり方が甘くて壊してしまうと当然のことながら会社としての大ダメージになりますし、クレームになってしまいます。
ですからしっかりと梱包をすることが大切なのですが…精密機器や割れ物などは過剰に梱包するのは当たり前なのですが例えば衣服などあまり送ってる最中でのトラブルが少ないものなど過剰に梱包をしすぎてしまうと開ける側がとても大変だったりします。
ダンボールのフタを何重にもガムテープで貼られていて剥がすことが大変だったり、中にもたくさんの梱包材が入っていてそれらがすべてテープで留まっているなど梱包を外すだけでも大変なのにさらにゴミも大量に出してしまうことになります。

商品のクレームになってしまうと困りますし、なにかあっても困るのはわかりますが、過剰な梱包もクレームの原因になってしまうこともあるようです。

簡単な梱包すぎて商品を傷めてしまうのは絶対にあってはならないことですが、梱包のしすぎによるお客様に不快さを与えてしまうことも困ってしまいます。

自分が開けることを考えての梱包の仕方として考えてると良いかもしれませんね。
梱包も商品の一部のようなものですからほどよく、丁寧にがベストです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

Comments are closed.