RSS
 

何回も使ってもらえるダンボールを

30 5月

ダンボールが届いたらまずデザインを見るものですよね。
通販であっても会社からであっても友達からであってもその梱包されてきたダンボールのデザインによって使えるかなぁと判断しませんか。
どんなダンボールでもリサイクルに出すという方もいるかもしれませんが、ダンボールは誰かになにかを送るときやちょっとした贈り物、物の保存などに使いたいものですよね。
ですからダンボールの印刷がとてもオシャレなものだったり、シンプルなものだったりするとコレは使うことができるなと取っておくことができます。
しsかし、思いっきり会社名前が入っていてただ派手なものや商品名が入ってるものは使いまわしができません。
もちろん商品名や会社名はとても重要なものです。
しかし、その商品によっては届けられる客層や性別などを考えてダンボールへの印刷への考慮を取り入れたいものですね。

若い女性などをターゲットにした商品などはダンボールもおしゃれなものにするとリピート率も増えることでしょう。
過去にショップの袋が流行ったことでそのショップは商品ではなく袋を目当てにしてのお客様が増えたという現象が何度かあったように話題になればダンボールがおしゃれであのダンボールがほしいからということになるかもしれませんよ。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

Comments are closed.