RSS
 

古紙回収にはダンボールを

27 6月

会社の中で出る雑紙ゴミはとても量が多いといわれています。
会社という場所ではどうしても紙類を多用し、それだけゴミも多くなりますから古紙としてリサイクルに出すという会社が多いと思います。

そんな古紙ですが分別した古紙をゴミ箱で管理していますか。
古紙は会社のいたるところで発生しています。
そして意外にも会社の中では一番多いゴミが古紙という会社が多いので、それだけ紙が使われてるということになります。
古紙用のゴミ箱は会社内に何個ありますでしょうか。

古紙はたくさん出るのに古紙用のゴミ箱は1個…2個…と少ない会社もあるのではないでしょうか。

そんなときはダンボールを古紙回収箱として利用すると良いです。
ダンボールはリサイクルダンボールに古紙が使用されています。ダンボールもリサイクルに出されるとまたダンボールとして生き返るのですがダンボールの素材と古紙を使われてダンボールとしてまた活躍するのでダンボールと古紙には共通するものがあります。
ダンボールはものを気軽にポンポンいれられることが魅力でもありますし、コピー機の横にポンと置いておいたり、ちょっとしたところに置いておくだけで気軽に紙ゴミをポイポイ捨てられます。

この気軽にポイポイ捨てられる感覚がゴミ箱としては良い働きといえるでしょう。
ダンボールを古紙回収ボックスにしませんか。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

Comments are closed.