RSS
 

Archive for 1月, 2010

経営者が段ボールを考える時

20 1月

経営者が段ボールのことを考えるのはどんなときでしょう。

恐らく、多くの方が商品を入れる物として考えるでしょうが、
上手く活用するにはどのようなものを商品としているのか、
重量はどうなのかといった点が重要になってくると思います。

保管場所によって沢山積み重ねることもあるでしょうし、
場合によっては空調管理が必要だったりします。

特に、食品を扱っている業種なら、
常に温度と湿度の管理が必要で、365日24時間、
空調が効いている中で管理するようです。

床下には運送に使う木製パレットを敷き詰めて
段ボールが積み重ねられます。

積むということを考えると、
安全面ということも考慮に入れなければならず、
安全率を計算する必要が出てきます。

ほとんどの場合社員で行うと思いますが、
安全管理の観点から経営者も把握しなければならないのです。

その他、吸湿といったこともありますが、
段ボールの中身によってそれも変わってきます。

そういった中で空き箱というものが出てくるでしょうが、
同じサイズのものが揃っていれば
書類保管用に活用することも可能です。

最近はスーパーなどに商品を卸す際、
回収が可能な場合は、業者に引き取ってもらう、
つまりゴミの減量を実施しているところもあるようです。

大型スーパーだと、「ご自由にお持ち帰りください」と
潰した空箱を提供しているところもあります。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術