RSS
 

Archive for 11月, 2010

ナチュラル印刷で好感度

19 11月

最近増えている気がするのですが、1色で印刷されている段ボールを見かけます。

ライナーに撥水加工や色づけをするとコスト的に高くなりますが、ナチュラルな色だとコストも低く抑えられるそうです。

その場合は色をどうするか、悩ましいところですね。
色についてだけでも様々な方向から検討するものですが、
少し調べるだけでいろいろなサイトがあります。

 日本色彩研究所:http://www.jcri.jp/JCRI/index.html

 色彩検定協会:http://www.aft.or.jp/index.htm

 原色大辞典:http://www.colordic.org/

ナチュラルな色を考えていくだけでも大変な作業です。

さて色が決まっても、そうなると何が入ってるのか、どこの会社のものなのか、
リサイクルマークなど必要最低限の印刷が必要になってきます。

無地であればリサイクルマークを省いて良いことになっていますが、せめて会社名やロゴは入れておいたほうが良く、受け取った側、配送業者にも見やすくて感触としてはベストでしょう。

1色で印刷されているものの中には、白のみ、グリーンのみと、自然をイメージするものが多くなっています。

環境に配慮した「エコロジー」を想像させますので、印象も見た目にも優しいものになるようです。

企業のトレードマークやロゴに色のこだわりがある場合、それが叶わないことになりますが、最近では企業も環境活動を行っているところもありますので、お客様の目線からいうと、違和感が無いどころか、好印象として映ることもあります。マークの下に「環境に配慮したロゴマークで印字」と加えてもいいですね。

たかが段ボールですが、固体×入り数が配送業者に、固体がお客様の手に渡ると考えれば、そこまでの効果も考えてみたいものです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術