RSS
 

Archive for 6月, 2011

エコパック

14 6月

段ボールが家庭の中で沢山入ってくるようになったのは「エコパック」が増えてからだと思います。

エコパックとは詰め替え用が主で、ゴミ減量が考えられたケースです。

ほとんどが紙やプラスチックで作られ、コンパクトに捨てられるものとなっています。

シャンプーやコンディショナー、ボディーソープ、洗剤類などトイレタリー商品は当たり前になってきましたが、当時はとても画期的なものでした。移し替えは面倒ですが、詰め替え用は安くなっていますので、ボトル式を買う方も少なくなっているようです。

私が最初に目にしたエコパックは、石けんシャンプーというもので、ビニールが破れないよう、外装梱包で段ボールが用いられたものでした。

そのまま使えるとありましたが、耐水加工はされていても浴室ではちょっと使いづらかったかもしれません。捨てる際には中からビニールを引っ張り出して行いましたが、今考えるとポンプと詰め替えをドッキングさせた商品だったと思います。

エコパックはどんどん増えて、粉石けんの箱も今ではほとんどが紙製のものに代わっています。

このように私たちが手にする製品のパックが、紙や段ボールに変わってき、生活の中に入ってきています。これからもこのスタイルは増えていくでしょう。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術