RSS
 

Archive for 1月, 2012

コンポスターとダンボールは環境にやさしい

17 1月

コンポスターとダンボールは「エコ」な商品だと思います。

ダンボールなら通販を利用すれば入れ物としてやってきますし、スーパーやドラッグストア等にいけばただで手に入ります。しかも、捨てても普通のゴミではなく、再生可能な資源ごみですので、お金は全くかかりません。

お金をかけて買うなら、業者か、品物を扱っているショップ、タンスや衣装ケースとして専用のものとなります。

コンポスターは庭がある家だととても良いものです。

土がなくては始まりませんので、アパートやマンションでは使えません。

庭の家庭菜園近くに設置すれば、枯れ木を細かくしたものや枯葉も腐葉土として蘇らせてくれますし、家庭から出る生ゴミや野菜くずも良質な肥料として蘇らせてくれます。

必要なものはゴミとなるものばかりですが、ある程度そこに捨てたあとは土をかぶせることも必要です。

コンポスターとは、生ゴミ堆肥化容器の事を言いますが、設置は土に少し埋めて使用します。これによって生ゴミを微生物を使って分解させていきますが、好気性微生物と嫌気性微生物どちらかを使って行われるのが主です。

捨てるものを肥料として蘇らせるので、結果的にゴミが減り、商品としての肥料を買う必要もなくなるため、経済的です。

ただ、気温や環境によってはうまく分解されないことがあるため、メンテナンスは欠かせません。

コストを掛けずに悪臭を我慢するか、ほんの少しコストが掛かっても悪臭を抑えたものが良いのか、選び方はいくつかあります。

家庭用でマンションでも使えるものには家電機器となっているものもあります。これだと悪臭の発生もありませんし、きちんと堆肥化されるようですが、そのもの自体が高い、電気代がかかるというところがデメリットです。

しかし、家庭菜園できちんと使っています。野菜は全て自家製を使っていますというお宅や、食事を提供してる小さなレストランなら使う価値は十分にあります。それがお店のアピールにも繋がるからです。生ゴミは出るでしょうから、それも有効活用できてしまうのです。

エコな生活を目指す人が増えています。国もそのような環境づくりを応援するため、節電や環境に配慮した家電を取り入れる、あるいは住宅を建てた方に対しては、制度を用いて補助金を出したり、節税につながるものも提供されています。

豆知識としてですが、アパートやマンションでも堆肥化できる方法があります。

必要なものは土と穴あきの鉢。それに野菜くずなどを入れ込んでかぶせていくというもので、注意点は絶対に中を濡らさないということだけです。上にはしっかりと蓋(水分を吸ってくれる板は最適です)をし、中から出る水分は鉢穴から排出させるのです。1ヶ月以上は放置しますので、最低でも2鉢を準備してやってみてください。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術