RSS
 

Archive for 3月, 2012

ダンボールに会社のロゴ

22 3月

ダンボールに綺麗に印刷をするのは大変難しいと言われています。印刷の時にダンボールをつぶしてしまうので強度を弱めてしまうというのと元のダンボールの色があるので色が鮮明に出ないということがあります。
それも今はかなり改善されていますが、他の印刷物と比べるとまだまだ綺麗とは言えないようです。それでも国産の質のいいダンボールを使っている会社はそれをアピールするために会社のロゴを入れるといいと思います。
印刷しやすいように一色でなるべく簡単なわかりやすいマークを考えて、環境のことも考えていますとアピールするのも企業の好感度を上げるものです。
商品を良くするために他のもので節約するという考えの企業もたくさんありますが、商品を良く見せるために梱包も良くするという考えもできると思います。
通販などではダンボールは意外と見るものです。綺麗なダンボールでいつも送ってきてくれるなとかなんだか安そうなボロボロ紙クズの出るダンボールだなとか。宅配便で送られてくる時にまず手にするのはダンボールなのです。
綺麗なダンボールだなと思ったところに会社のロゴが付いているととてもいい広告になると思います。環境に優しく、質のいいものを使って広告できるのはとてもいいことですよね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

通販で物が届いたとき

08 3月

通販で頼んでいたものが届いたとき、とてもワクワクします。自分でいいと思って頼んだものでもまだ実物を見ていないので早く見て確認したいというのもあります。
焦って開けようとしてもすごく頑丈に止められていてなかなか開けられない時があります。何重にもガムテープが貼られていたり、商品の袋がなかなか開かなかったりするとだんだんイライラしてきてやっと開けられた時にはワクワクどころかイライラで頭がいっぱいになる時もあります。
せっかくいい商品でも台無しですよね。必要以上に頑丈に止めているのは企業側としては念には念を押してという配慮だと思いますがあまりにも開けにくいと客側としては不親切ととってしまいます。
商品は良いけど会社はダメだなという受け止め方をしてしまうかもしれません。
届けるダンボールから商品だという風に思うとダンボールにも気を使えると思います。今はガッチリととりづらい金属のホチキスのようなものでとめるダンボールも減ってきていますし、しっかりと封はできてなるべく開けやすいダンボールも出てきています。
多少、高かったとしても企業のイメージアップにつながれば元は取れるのではないでしょうか?
目先の利益を考えずに将来のことを考えると梱包の仕方にも差が出ると思います。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術