RSS
 

Archive for 4月, 2012

安いものが得か?高いものが得か?

19 4月

今、中国産が溢れていてとにかく安いものが人気です。人気というかお金に余裕がなくて安いものしか買えないという状況もあります。
そして見かけは安いか高いかわからない物もあるのでそうすると安いものを買うようになってしまいます。企業に置いてもそんなに見かけが変わらないものであればなるべく安い方を選びます。
経費削減の為に当たり前のことと言えばそうなんですが、見かけが変わらなくても質が全然違うものだとどうでしょうか?例えばダンボールはぱっと見は中国産もダンボール以外には見えませんし、ちゃんと宅配物も届きます。
しかし、企業で例えば繰り返し使いたい場合、ダンボールの差は出てきます。国内産のダンボールの場合、きちっとふたが閉まるのでガムテープでとめるにしても一度でよかったり、一度や二度では紙の質によって形が崩れることもありません。
きちっと図って作られているので傾いてくるということもありません。中国産ではなかなかふたが閉まらないので何とかテープを貼ってごまかしたり、端から紙クズが出てきたり、油や薬品の匂いなど一見するとわからない物でも何度か使ううちにすぐわかってきます。
使い捨てとして安いものを使うか、何度か使えるように高いものを使うかによっても経費は変わってきますよね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

企業努力

05 4月

経営が傾いている時には企業努力が必要です。本来ならば経営が傾かなくても企業努力は必要で、なるべくなら経費をあまりかけずに節約しながら仕事をするというのが理想です。
節約といっても仕事がはかどらなくなってしまってはいけません。何をどのようにすればいいのでしょうか?
色々な考え方があると思いますが、捨てるものを少なくすると考えると無理な節約ではなくできる範囲の節約が可能だと思います。例えば自動販売機からお茶を買うのをやめてお茶は給湯室で沸かしたものを飲むとか自宅から小さい水筒に入れて持って行くなどすると空き缶や紙コップなども捨てなくてすみます。
ゴミが出ません。コーラやジュースを飲みたくなった時は自動販売機から買えばいいのです。コーラやジュースはなかなか給湯室ではできませんから。
そこまで我慢すると窮屈になるのでできる範囲で長く続けるということが肝心です。コピーの失敗の紙や試し紙も裏が白くてまだ使える場合、コピー機の近くに大きめのダンボールを置いてそこに入れるというように決めると次の人のコピーの試し紙として使うことができます。
そうすることで紙のゴミを減らすことができます。ちょっとしたことからまず始めてみましょう。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術