RSS
 

Archive for 12月, 2012

自分の会社にダンボールはどれだけありますか

27 12月

どの業種であっても会社にダンボールでなにか届いたりすることって多いと思いますがそのダンボールどうしてますか?
ダンボールをリサイクルに出すという方がほとんどでしょうか。
会社の中で書類の整理などに活用するという会社もあるでしょう。

ダンボールはリサイクルという意味では優等生なのを知っていますか。
ダンボールはその7割近くがリサイクルとして出され、そしてまたダンボールとして再生されます。それだけダンボール素材というのは繰り返し使えるほどの強い素材であり、再生性が高い素材なのです。
日本では世の中の7割以上のダンボールがリサイクルに出されています。これは日本社会の中で今エコなど再生に関する活動が広く認知され当たり前になってきている結果です。

リサイクルに出されたダンボールがまたダンボールになり…とダンボールは7回ほどダンボールとして生まれ変わることができます。

そのリサイクルによって正解の森林伐採に歯止めをかけようという取り組みでリサイクルはとても重要な森林を守るための手段です。

会社にあるダンボールをリサイクルに出す。
そんな当たり前のことかもしれませんがそれは会社として地球保護の取り組みに協力しているのです。

今日会社に来たダンボールが実は以前にも会社に運ばれてきたダンボールかもしれません。
再生したダンボールが何度となく会社に届けられているなんてこともあるかもしれませんね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

これは無理かなぁ…と思ってもまずは相談

13 12月

会社でダンボールを使いたい…けど、きっと思い通りのダンボールは無理だから今は普通のダンボールでやっているという会社は意外にも多いそうです。
しかし、それをダンボールの会社にキッチリと相談しましたか?

今の時代のダンボール加工はとても素晴らしい技術を持っています。
たとえばハートの形のダンボールやカラーダンボールなどちょっと前だと考えられなかったようなダンボールたちが今流通で活躍しています。
最初から仕切られているダンボールや様々な形のダンボール、メール便用のダンボールまでその種類は様々です。
今までのダンボールの中に自分の求めてるダンボールがなくてもオリジナルダンボールとして受けてくれるところもあるかもしれません。

ダンボールで様々な色にしたり、様々な形にしたり大きさを規定以外のものにしたりと自由なダンボールを作ってくれるのです。

頭の中で描いてるものがあるのであればまずは相談してみてください。
ダンボールの職人たちがしっかりと応えてくれると思います。
オーソドックスなダンボールじゃなくてオリジナリティあるダンボールを使いたいを叶えてくれるかもしれませんよ。
今はインターネットの時代です。インターネットで検索すると様々なダンボール業者や選択できますよ。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術