RSS
 

Archive for 5月, 2013

何回も使ってもらえるダンボールを

30 5月

ダンボールが届いたらまずデザインを見るものですよね。
通販であっても会社からであっても友達からであってもその梱包されてきたダンボールのデザインによって使えるかなぁと判断しませんか。
どんなダンボールでもリサイクルに出すという方もいるかもしれませんが、ダンボールは誰かになにかを送るときやちょっとした贈り物、物の保存などに使いたいものですよね。
ですからダンボールの印刷がとてもオシャレなものだったり、シンプルなものだったりするとコレは使うことができるなと取っておくことができます。
しsかし、思いっきり会社名前が入っていてただ派手なものや商品名が入ってるものは使いまわしができません。
もちろん商品名や会社名はとても重要なものです。
しかし、その商品によっては届けられる客層や性別などを考えてダンボールへの印刷への考慮を取り入れたいものですね。

若い女性などをターゲットにした商品などはダンボールもおしゃれなものにするとリピート率も増えることでしょう。
過去にショップの袋が流行ったことでそのショップは商品ではなく袋を目当てにしてのお客様が増えたという現象が何度かあったように話題になればダンボールがおしゃれであのダンボールがほしいからということになるかもしれませんよ。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

梱包のやりすぎに注意

16 5月

送るものによって梱包の仕方は変わりますよね。
中のものを届ける前に梱包のやり方が甘くて壊してしまうと当然のことながら会社としての大ダメージになりますし、クレームになってしまいます。
ですからしっかりと梱包をすることが大切なのですが…精密機器や割れ物などは過剰に梱包するのは当たり前なのですが例えば衣服などあまり送ってる最中でのトラブルが少ないものなど過剰に梱包をしすぎてしまうと開ける側がとても大変だったりします。
ダンボールのフタを何重にもガムテープで貼られていて剥がすことが大変だったり、中にもたくさんの梱包材が入っていてそれらがすべてテープで留まっているなど梱包を外すだけでも大変なのにさらにゴミも大量に出してしまうことになります。

商品のクレームになってしまうと困りますし、なにかあっても困るのはわかりますが、過剰な梱包もクレームの原因になってしまうこともあるようです。

簡単な梱包すぎて商品を傷めてしまうのは絶対にあってはならないことですが、梱包のしすぎによるお客様に不快さを与えてしまうことも困ってしまいます。

自分が開けることを考えての梱包の仕方として考えてると良いかもしれませんね。
梱包も商品の一部のようなものですからほどよく、丁寧にがベストです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

ダンボールの第一印象が会社の第一印象

02 5月

家や会社になにかが送られてきたときにまず見るものはなんでしょうか。
それはダンボールですよね。
なにが送られてきたのか中身がわかっていたとしてもダンボールの状態やダンボールにある会社名、デザインなどは目に入りますよね。

それだけダンボールの第一印象というのは重要なものです。
ですから会社名やロゴ、ダンボールのカラーやデザインなどは受け取る側にとってとても印象に残ることになります。
いわば、会社の名刺のような役割をします。

ですから、自社のダンボールを作るときには会社のロゴや会社名をどのように印刷するかや受け取り側が見やすい位置などを考えて製作しなくてはなりません。

派手すぎるデザインでも受け取り手としてインパクトが強すぎて自己主張がありすぎると感じるかもしれませんし、シンプルすぎても会社名を目にすることなく印象づけることもなく終わってしまうということもあるでしょう。
しかし、それではせっかく作った自社のダンボールの意味がありませんよね。
様々な年代の人たちに受け入れられるようなデザインで人の目や印象に残るものがベストですよね。
ですから自社のダンボールのデザインは考慮に考慮を重ねて考えなければいけません。

会社としてのイメージを決めるというくらい大きな役目を果たす自社のダンボール。
普段受け取るダンボールのデザインを見ての印象などから学ぶことができますね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術