RSS
 

Archive for 6月, 2013

古紙回収にはダンボールを

27 6月

会社の中で出る雑紙ゴミはとても量が多いといわれています。
会社という場所ではどうしても紙類を多用し、それだけゴミも多くなりますから古紙としてリサイクルに出すという会社が多いと思います。

そんな古紙ですが分別した古紙をゴミ箱で管理していますか。
古紙は会社のいたるところで発生しています。
そして意外にも会社の中では一番多いゴミが古紙という会社が多いので、それだけ紙が使われてるということになります。
古紙用のゴミ箱は会社内に何個ありますでしょうか。

古紙はたくさん出るのに古紙用のゴミ箱は1個…2個…と少ない会社もあるのではないでしょうか。

そんなときはダンボールを古紙回収箱として利用すると良いです。
ダンボールはリサイクルダンボールに古紙が使用されています。ダンボールもリサイクルに出されるとまたダンボールとして生き返るのですがダンボールの素材と古紙を使われてダンボールとしてまた活躍するのでダンボールと古紙には共通するものがあります。
ダンボールはものを気軽にポンポンいれられることが魅力でもありますし、コピー機の横にポンと置いておいたり、ちょっとしたところに置いておくだけで気軽に紙ゴミをポイポイ捨てられます。

この気軽にポイポイ捨てられる感覚がゴミ箱としては良い働きといえるでしょう。
ダンボールを古紙回収ボックスにしませんか。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

引っ越しにはやっぱりダンボール

13 6月

会社の移転など意外と引っ越しをする会社は多いといいますが、引っ越すためにはなにを用意しますか。
やはりダンボールですよね。

ダンボールは引っ越しの必需品です。
収納力に優れているだけでなくダンボールに物を詰めてから積み重ねることができるのも大きな武器です。
たくさんの書類や物を小分けにして入れることができるのも良いですよね。
会社の引っ越しはとても大変です。入れるダンボールによって中身をうまくまとめておかないと引っ越した先であれがないこれがないと探すことになってしまいますからダンボールの表面に細かくなにが入ってるかを明記することが大切です。
ダンボールの表面部分に中身の詳細がプリントされた紙などを貼ることで物や書類が行方不明になることなく移転先でも困ることはありません。

社員の机の整理などは個別でやらせてその他の部分は役割分担をしてやると良いですね。
部署別にカラーのシールなど目立つところに貼っておくのも良いでしょう。
カラー別に覚えておくとコレはどこの荷物と判断ができます。

たくさんダンボールが必要なので引越し屋さんのダンボールを使うかインターネットなどでダンボール業者から購入しても良いでしょう。
ダンボール業者で購入するダンボールはまっさらで何も書いてないのでメモをしたり紙を貼ったりしやすく中身の詳細を知る上では邪魔になるものがないのでとても便利です。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術