RSS
 

Archive for 7月, 2013

ダンボールで差をつける!

25 7月

物を創ってお客様に送るという仕事をしてる会社のダンボールって気になりませんか。

自分が物を受け取ったときにまず見るものだったり、印象付くものというのはダンボールではありませんか。

受け取ったとき、そのダンボールがとてもキレイな色だったり見たことがない形だったとしたらそのダンボールをどうしますか。

例えば。
アクセサリーを購入しました。そのアクセサリーの会社から家に届くのを待っていたらやっと家のチャイムが鳴り宅配便屋さんの声。
ドアを開けると宅配便屋さんが持っているのはとてもキレイなピンク色をしたハートのダンボール。
…と、その手にとったときの感動とワクワク感はお客様にとってとても印象深いものになるでしょう。

物が何に入っていたかということは実は重要で商品の一部といっても過言ではないぐらい重要なものですよね。

梱包するダンボールの予算も考えなくてはいけませんが、そういったところで差をつけることでライバルの同業者との差をつけることができることでしょう。

普通のダンボールでデザイン性もないダンボールに入れられて送られてきたものと、素敵な見たこともないダンボールに入れられて送られてきたものの印象は確実に変わりますよね。

第一印象というのはとても大切なことです。
ダンボールでも例外ではありませんね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

防災グッズをダンボールに

11 7月

昨年、大きな地震が日本列島を襲いました。
東北の被害はとても大きく日本の歴史史上最悪の大災害となってしまいました。
東北の被害が大きかったため東北でも被害がクローズアップされていますが首都圏でも震度5をこえる大きな地震となり、たくさんのオフィスで物が倒れたり会社の中がめちゃくちゃになったりと大変な事態となりました。

会社にたくさんの人がいるときに大きな地震がきたときに会社として防災できますか。
防災グッズを家庭に取り入れる人たちはとても増えていますが、防災グッズを会社でそろえるところも増えています。会社のスペースなどを利用して非常用の食事を大量にストックしていたり飲料水などのストック、懐中電灯やラジオなど防災に備えてる会社は昨年の大震災以来とても増えているのだそうです。

そんな防災グッズたちはダンボールに入ってることが多いのですがそのダンボールも非常時には大変活躍するので捨ててしまわずにいざというときは使いましょう。
ダンボールは布団などがないときに身体に乗せることで保温効果を得ることができますし。拡げて仕切りとしても使えます。ダンボールは被災地でも活躍した物のひとつだといわれています。ダンボールを活用していざというときは広げたり箱状にしたり、立てたり敷いたりして緊急時を凌ぐグッズとして活用してください。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術