RSS
 

Archive for 8月, 2013

ダンボールの保管方法

08 8月

会社でダンボールを多用する!という業種の方々はどのように大量のダンボールを保管されているのでしょうか。
ダンボールの保管は大抵が畳んだ状態で積み重ねられていたり、畳んだ状態でたてに立てかけられていたりと様々です。
ダンボールが場所を取らないように各会社工夫がされてることと思いますが、ダンボールは畳んだ状態にあることでコンパクトになり多くのダンボールを保管しておくことができます。
湿気などに気をつける必要がありますが、基本的に濡れない限りは保管期間に左右されることなくそのままの状態を保つことができますし、同じ形のダンボールをストックすることは同じ大きさでコンパクトにして重ねることができるので収納はしやすいはずです。

大きさやサイズによって分けてまとめても良いですね。
使わないダンボールはリサイクルに出すこともできますし、汚れてしまったダンボールもリサイクルに出すことができます。

ダンボールを大量に保管してると室内が乾燥します。
それはダンボールには湿気を吸収する働きがあるからです。ですからダンボールをよく触る人は手の油分や水分を吸収されてしまうので手が乾燥して切れやすくなりますので注意が必要ですね。

保管しらすい素材のダンボール。
たくさんの会社で使われる利点の大きなひとつです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術