RSS
 

会社で使おうダンボール!

21 3月

会社で運動会や球技大会など会社の中でイベントを社員同士でやる会社もありますよね。
そういったとき、運動会かぁめんどくさいなぁ…と思っても準備をしていざはじまるととても楽しかったりしませんか。

運動会や球技大会のようなイベントは学校を卒業してしまうと楽しむ機会なんてそれほどありませんし、会社に入ってしまうとチームでやる仕事はあっても自分の責任だけでいっぱいいっぱいになってしまったります。
みんなで力を合わせて無心になにかに取り組むことなんてなくなってしまいますよね。

しかし、そういったイベントがあることで普段は仕事でしか交流がない他の社員の人たちなどと交流できるだけでなくみんなでひとつなって楽しむという利点があります。

学校のようにダンボールを使って障害物を作ってみたり、ダンボールで看板やオブジェなどを作ってみたり、競技に使うものを作ってみたり…と会社にたくさんあるであろうダンボールを活用して本格的に行うと盛り上がるかもしれませんね。

そういったものを作ることも学生時代に戻ったかのようで案外楽しいものかもしれませんよ。

会社は仕事をするところですが楽しむことも人間関係も重要です。交流するためのきっかけにダンボールはいかがでしょうか。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

梱包の達人ダンボール

07 3月

いろいろな業種があると思いますがお客様や取引先に物を発送しなくてはならないという会社も多いと思います。
そのとき、どのような梱包をしているでしょうか。

梱包は受け取る側にとってはとても重要な会社の見極めポイントです。
しっかりとダンボール材を使って絶対に商品などに傷は故障のない形で送られてくるのが理想です。
さらにダンボール箱も強度があるパルプ材がしっかりと使われているものが良いですね。
家電などの精密なものは梱包ひとつで会社の信頼につながります。
受け取った側は簡単な梱包だと手抜きだと感じる場合も多いそうです。

ダンボール材はとてもクッション性があり、梱包に向いています。
もちろんダンボールほど箱として向いているものはありませんからダンボールが用いられる場合がほとんどですよね。

丈夫なダンボールだからこそ流通に出すためには絶対に必要なものとなります。
せっかく自社でとても素晴らしいものを作ってもそれを取り扱うお店まで同じ状態で運べないことには意味がありません。

梱包は大切な作業です。ですから強度や振動などに強いダンボール材を用いてダンボール箱の中でどれだけ梱包によって守ることができるかを重々確認して送ることが大切です。
梱包も商品の一部といっても過言ではないでしょう。

梱包にはダンボールは必需ですね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

会社のエコとしてダンボールを活用しませんか

21 2月

最近ではエコを活動として取り入れる会社が多くなってきました。エコを全面的に出した資格としてISOなどに申請する会社も増えています。
環境保護活動の一環として会社として取り組みそれをイメージとして取り入れてるところも多いです。

会社のひとつのエコ活動としてダンボールを活用してみませんか。
ダンボールはどの会社にもたくさんあるものだと思います。
そのダンボールを例えば会社のゴミ箱にしたり、会社のたくさんある書類を片付けるために使ったり、備品整理として使ったりとその使い道はたくさんあります。

ダンボールは箱として使われるのがほとんどですが使い道は案外いろいろとありますから会社の中で有効活用してエコを心がけてみても良いのです。
もちろんダンボールをすべてリサイクルに出すこともエコ活動のひとつです。
ダンボールはリサイクルされ7回も生まれ変わることができます。
ダンボールはダンボールとして再生できますからただ単に捨てるのではなくリサイクルとして出しましょう。
リサイクルに出すことで森林伐採を食い止めることに役立ち、森林伐採を食い止めるということは地球の空気を守ることにもつながります。

ダンボールは全世界でたくさん使われていますが、一人一人がそしてひとつひとつの会社が少し意識することでダンボールから環境活動へとつながります。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

普通ではないというインパクトを

07 2月

会社でダンボールを使って何かをお客様にお届けするときに会社のダンボールとして送るものがインパクトのあるものだとしたらどうでしょうか。

受け取る側として考えてみてください。
発注したものが届いてそのダンボールが四葉の形をしていて緑色だったとしたら…そのダンボール捨ててしまわないでなにかに使えるかもしれないと思ったり、こんなダンボール見たことない!という感動をしたり、その会社へのイメージが上がったり…しませんか。

受け取る側の気持ちになって考えることはとても重要で、そんなインパクトのあるダンボールだと会社の評価を上げるきっかけになってくれるかもしれません。

受け取り手が気持ちよく受け取ってもらうために梱包というのはとても重要です。
外側だけでなくそのダンボールの強度や中身の梱包などしっかりできていることで、ココに頼んでよかったと
いう満足感に繋がり次もお願いしようという気持ちになるのではないでしょうか。

普通のダンボールで届いたらきっとそこまでは思わないはずです。
頼んだものが届いたな。
ただそれだけで終わってしまいます。

サービスということで考えるのならダンボールの一種のサービスです。
お客様に届いてしまったらそれはお客様の自由に使って良いものですよね。だからこそお客様の手に届いて迷惑ではないダンボールを心がけたらその心がけは伝わるものではないでしょうか。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

ダンボールの強度を知る

24 1月

会社によっては商品などを発想する業者である場合もあると思うのですが受け取る相手はその梱包の仕方やどのようなダンボールに入れられてくるかというのは重要なものです。
お金が発生しているものであればあるほど、その梱包にも完璧を求めます。
ですからダンボールの強度が極端に弱かったり、梱包がとても雑だったりすると会社の信用は落ちてしまうことになります。
コストの問題ももちろんありますがコストを減らすために梱包の部分で手を抜いてしまうと受け取り手に不信感を与えるだけでなく信頼を失ってしまいます。

ダンボールの強度はとても重要です。
何度もリサイクルされた古紙中心のダンボールは安いですがそれだけの強度しか期待できません。
やはり本質のパルプ材が多く色が濃いダンボールの強度が高いとされています。
古紙を何度も利用してリサイクルされたダンボールの強度は弱く、何度もリサイクルを繰り返したものは入れるものによってはダンボールがもちません。

ですから会社が発想するものによってダンボールの質も変えるのが理想です。
大きく重たい、さらに精密なものを送るときにはパルプ材の多いリサイクルではないダンボールを、軽くそこまで精密ではない物にはリサイクルダンボールをと使い分けることがコストの削減に繋がっていくかもしれませんね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

意外と困る会社内のゴミ箱

10 1月

会社で仕事をしていると会社を使う人々の立ち位置や仕事をしていく上での行動範囲や使い勝手によって、ここにゴミ箱があったほうが便利だなぁというポイントって意外とあるものです。

作業によっては今だけココにゴミ箱がほしい!ということもありますし、会社内でゴミ箱って実は重要だったりします。

そんなとき簡易的にゴミ箱としてダンボールにゴミ袋を被せて使うととても便利です。
ダンボールのゴミ箱、きっと一度はやったことがあると思いますが、ダンボールのゴミ箱はとても大きくゴミを入れる口が開いていて収納能力もかなりあるのでポイポイとゴミを投げ入れることができ、ゴミを捨てやすいですよね。
すっかり溜まってしまったらゴミ袋をかぶれていた部分をゴミ袋のビニールを立ててしまえばもうちょっと入れることができ、さらにゴミ袋がいっぱいになってしまったらそのまま縛ってダンボールから取り出すだけです。
思わず今回だけ…と思ってもゴミ袋をまた被せてダンボールゴミ箱を利用するなんて人も多いのではないでしょうか。

会社によってはゴミが出やすいコピー機の横なんかにダンボールのゴミ箱が置いてある場合が多いですよね。
収容力のあるゴミ箱はダンボールが一番だったりします。なかなか大きなゴミ箱って気軽には購入できないのでダンボールを使う会社は多いです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

自分の会社にダンボールはどれだけありますか

27 12月

どの業種であっても会社にダンボールでなにか届いたりすることって多いと思いますがそのダンボールどうしてますか?
ダンボールをリサイクルに出すという方がほとんどでしょうか。
会社の中で書類の整理などに活用するという会社もあるでしょう。

ダンボールはリサイクルという意味では優等生なのを知っていますか。
ダンボールはその7割近くがリサイクルとして出され、そしてまたダンボールとして再生されます。それだけダンボール素材というのは繰り返し使えるほどの強い素材であり、再生性が高い素材なのです。
日本では世の中の7割以上のダンボールがリサイクルに出されています。これは日本社会の中で今エコなど再生に関する活動が広く認知され当たり前になってきている結果です。

リサイクルに出されたダンボールがまたダンボールになり…とダンボールは7回ほどダンボールとして生まれ変わることができます。

そのリサイクルによって正解の森林伐採に歯止めをかけようという取り組みでリサイクルはとても重要な森林を守るための手段です。

会社にあるダンボールをリサイクルに出す。
そんな当たり前のことかもしれませんがそれは会社として地球保護の取り組みに協力しているのです。

今日会社に来たダンボールが実は以前にも会社に運ばれてきたダンボールかもしれません。
再生したダンボールが何度となく会社に届けられているなんてこともあるかもしれませんね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

これは無理かなぁ…と思ってもまずは相談

13 12月

会社でダンボールを使いたい…けど、きっと思い通りのダンボールは無理だから今は普通のダンボールでやっているという会社は意外にも多いそうです。
しかし、それをダンボールの会社にキッチリと相談しましたか?

今の時代のダンボール加工はとても素晴らしい技術を持っています。
たとえばハートの形のダンボールやカラーダンボールなどちょっと前だと考えられなかったようなダンボールたちが今流通で活躍しています。
最初から仕切られているダンボールや様々な形のダンボール、メール便用のダンボールまでその種類は様々です。
今までのダンボールの中に自分の求めてるダンボールがなくてもオリジナルダンボールとして受けてくれるところもあるかもしれません。

ダンボールで様々な色にしたり、様々な形にしたり大きさを規定以外のものにしたりと自由なダンボールを作ってくれるのです。

頭の中で描いてるものがあるのであればまずは相談してみてください。
ダンボールの職人たちがしっかりと応えてくれると思います。
オーソドックスなダンボールじゃなくてオリジナリティあるダンボールを使いたいを叶えてくれるかもしれませんよ。
今はインターネットの時代です。インターネットで検索すると様々なダンボール業者や選択できますよ。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

オリジナルダンボールのインパクト

29 11月

会社でオリジナルダンボールを作ることになったらどんなダンボールを作りますか。
ダンボール配送やダンボール梱包などをして商品を送り出したり、引越し屋さんだったりとダンボールを多用する会社ではオリジナルダンボールを使っていることと思います。
ダンボールが必要不可欠の会社だとダンボールが会社の名刺代わりになりますよね。

会社の名前をよく知ってもらうために、ダンボールを見てこの会社の商品だとかこの会社の仕事だとかがわかるようにオリジナルダンボールはインパクトがほしいものです。

もちろんインパクトというのは派手さという意味ではなく会社としてのイメージを大切にオリジナルダンボールに会社の印象を詰め込みたいところということです。

会社としてもイメージやカラーをダンボールのデザインに取り入れるとはとても重要なことですよね。
ダンボールひとつ見ただけでその会社の印象が決まるといっても過言ではないと思います。

オリジナルダンボールを作る際には会社のカラーとマッチングしているか、人に与える印象はどんなものかと考えながら作りたいものです。

ダンボールを見てここの会社はクリーンなイメージ、ここの会社は元気なイメージと人間のもつ第一印象というのはとても大事なものです。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術

 

たくさんある紙類どうしていますか。

15 11月

会社といえば様々な書類があるはずです。それは大きな会社でも小さな会社でも書類や伝票といったものは日々増えていくものです。
かなりかさばるものですが税務の規定などでいっても会社として何年間かは取っておかなくてはなりません。
その保存方法としてどうしていますか。

ファイルに一枚一枚分別してファイリングしダンボールに入れて保管してる会社がほとんどではないでしょうか。
ダンボールは保存収納という点でとても優れています。
ダンボールということで表面になにが入っているかを書いた紙などを貼っておけるのも良いですね。
書類や伝票などは一度片付けてしまったら二度と出さなくても良いというわけではありませんからすぐに探せるようにファイルなどで分けて日付別などにしておくととても便利ですね。
日付や種類、形態や地域などわかりやすい分け方でダンボール収納することが理想です。
ただダンボールにつめるだけではなにが大切でなにがどの書類かわからなくなってしまいます。
会社の誰が探してもするにわかるような状態にしておくことが大切ですね。

ダンボールは積み重ねられるのもとても便利ですね。
たくさんの書類がダンボール数個になってしまっても積み重ねて置いておけるのでまとめておいておけますね。

 
コメントは受け付けていません。

Posted in 段ボール活用術